2

本文へスキップ

北村英治 オフィシャルホームページ 

バンドメンバー プロフィールBAND MEMBER Profile


メンバープロフィール取り込み用きれいな画像は、画像の下のリンクを右クリックし
「対象をファイルに保存」を選択してご利用下さい


北村英治スーパーカルテット(その1)
北村英治スーパーカルテット(その2)
北村英治(cl) 高浜和英(p)
小林真人(b)  八城邦義(ds)
北村英治(cl) 高浜和英(p)
山口雄三(b)  八城邦義(ds)

北村英治スーパーカルテット(その2)取り込用画像 (267KB)





取り込用画像 (417KB)
◆北村英治(きたむら えいじ)クラリネット

1929年東京都生まれ。
慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、以来国内外でのコンサート、ディナーショウ、ラジオ・テレビ出演等、幅広い演奏活動を行っている。

デキシーからモダンスィングまでをこなし、最近ではクラシック曲にも挑戦するなど前進を止めない。演奏会では木菅の暖かく深みのある音色と独特のフレーズで、聴衆の心を豊かに満たし、曲間のお喋りでも大いに楽しませてくれる。

1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。

1977年度 南里文雄賞受賞
2007年 旭日小授章 受章





高浜和英(p)  取込用画像
◆高浜 和英(たかはま かずひで)ピアノ

1955年福井県生まれ。
小学校時代クラシックピアノを習い、10代半ばでアマチュアロックバンドでギターやベースを演奏。高校時代ジャズに強く影響されて上京。弘勢賢二氏に師事し、75年赤坂プリンスホテルでデビュー。

ジャズ・ヴォーカルへの興味からコーラスグループ「ロミ&ジョーカーズ」で83年レコードデビューし、テレビ出演やジャスクラブ等で活躍しつつも、古典的ジャズピアノへの傾倒を深め、ストライド奏法やブギウギを織りまぜた演奏活動をする。

現在、有名バンドのレギュラーピアニストとして、また中国の胡弓奏者との共演など幅広い演奏活動の傍ら、ジャズスクールの講師を勤める。

♪高浜和英ホームページ (詳しいプロフィール、スケジュール等)


(プロフィールダイジェスト版)
ピアノ/高浜 和英
1955年福井県生まれ。「ロミ&ジョーカーズ」でレコードデビュー。
「ロミ&ジョーカーズ」解散後、自己のバンドで活躍すると共に数多くの有名バンドで経験を積み、北村英治スーパーカルテットのピアノとヴォーカルも担当している。


 ◆袴塚 淳(はかまづか じゅん)ピアノ

1955年東京生まれ。
4歳よりクラシックピアノを習う。明治大学在学中に藤井貞康氏にジャズピアノを師事する。

岡村誠史カルテットで演奏活動を始め、その後、尾田悟カルテット、清水閏トリオ、中村誠一カルテット等に参加

現在は自己のトリオほか、様々なグループで活動をしている。又、ヴォーカリストの伴奏も数多く手がけている。




小林真人(b)  取込用画像

◆小林真人(こばやし まさと)ベース

1957年東京生まれ。
早大ニューオーリンズジャズクラブにてベースを始め、三上和彦グループでプロとしてスタート。

1983年に渡米、サクラメントジュビリーでマキシン・サリバァン(vo)と共演。'帰国後 「外山喜雄とデキシーセインツ」を経て独立。

幅広いスタイルと、よりスイングする音楽を目指し、プレダ・ジャズ祭(オランダ)や神戸ジャズストリート等に出演し、国内外で活躍中である。


 
山口雄三(b)  取込用画像
◆山口 雄三(やまぐち ゆうぞう)ベース

1952年東京生まれ。
東京理科大学在学中からジャズベースを始め、卒業後 宮之上貴昭のバンドでプロ入り。

村田浩のバップバンド、大井貴司率いるグッドバイブレーションなど、多くのグループとセッションし、2002年より北村英治のバンドに参加している。

趣味の良いランニングとモダンなソロに加え、人柄の良さが多くのファンを引き付けている。



八城邦義(ds)  取込用画像
◆八城 邦義(やしろ くによし)ドラム

1959年東京都生まれ。
中学在学中よりジャズドラムを始め、17才でプロデビュー。

八城一夫(父)のトリオをはじめ、数多くの一流バンドで活躍する一方、スタンリー・タレンタイン、ルー・タバキン、スコット・ハミルトン 等、来日アーティストとの共演も多い。

1996年9月、北村英治スーパークインテットの一員として、モンタレー・ジャズフェスティバル(米 カリフォルニア)に出演し、アメリカのジャズファンを魅了し、以後国際的に活躍している。



◆山下 暢彦(やました のぶひこ) ドラム

1958年東京生まれ。
6才の頃よりドラムを始める。
独協大学経済学部卒業後プロ活動を行い、大井貴司のグループ「グッド・バイブレーション」のアルバム「ウェーブリッド」でレコーディング・デビューする。

ジェフ・ハミルトンからバーナード・バーディーまでフェイバリット・ドラマーは数多く、あらゆるアンサンブルに対応できる演奏を高く評価されている。
 



  ◆宮之上 貴昭(みやのうえ よしあき)ギター

1953年東京生まれ。
10才から独学でギターを始め、都立武蔵高等学校在学中バンドを組む。卒業後まもなく米軍横田基地内の{N.C.O」クラブでジョー・デイビス、ジェリー・エディのトリオ「ニューグループ」に3年間参加。

1977年名ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに、自己のアルバム「ソング・フォー・ウェス」をリリースしメジャーデビュー

ピックを一切用いず、親指一本で豪快に弦を弾く宮之上の奏法は、ウエス・モンゴメリーの流れをさらに発展させ見事に自己のスタイルを確立させた。

1991年北村英治クインテットの一員としてモンタレージャズ祭(米国)に出演し好評を博す。以来日本を代表するギタリストとして、国際的に活躍している。

♪宮之上貴昭ホームページ 
(詳しいプロフィール、スケジュール等)


 

キャロル山崎(vo)
 取込用画像


◆キャロル 山崎(キャロル やまざき)ヴォーカル

東京都出身。父はアメリカ人、母は日本人、静岡県富士市で育つ。
清泉女子大在学中からモデルとしてテレビ・雑誌等で活躍し、TBSドラマの主題曲で歌手デビュー。
その後ジャズに興味を持ち、沢田靖司氏に師事、ロマンティック・クルーナー唱法と華やかな演出を加えたステージングで高い人気を博した。
近年は湘南ビーチFMでパーソナリティーを務め、自己のCDアルバムを発表する等 活動の幅を広げ、多くの一流ミュージシャンと共演しスターシンガーとして輝きをましている。

1993年、第9回日本ジャズヴォーカル賞新人賞を受賞。
2011年、第27回日本ジャズヴォーカル賞大賞を受賞。
CDアルバム代表作: Dream (前田憲男サウンドプロデュース)
帰り来ぬ青春(イタリア•ローマ録音)

♪キャロル山崎ホームページ


 
◆右近 茂(うこん しげる)テナーサックス

1963年神戸生まれ。
幼い頃にハリウッド映画でスウィングジャズに魅せられ、ジャズマンを志す。
上京後、世良譲、北村英治、藤家虹二、西条孝之介等の大御所ミュージシャンと共演。1998年にはハリーアレンとのテナーバトルを演じ、好評を博す。

若手には珍しい「オーソドックスにスウィングする洒落た奏法」で注目を集め、ジャズクラブをはじめ、ジャズフェスティバル、NHKの放送、豪華客船でのクルージング等、幅広い演奏活動を行っている。

サックスのみならずクラリネット奏者としても評価され、CDアルバムへの参加も数多い。
2001年、自己のCDアルバム「UKON AT EASE」をリリースする等、今後の活躍も期待される大型新人である。


 ◆杉村彰(すぎむら あきら)トランペット

1947年高知市生まれ。中学校よりブラスバンドでトランペットを始める。
19才で地元高知市にてプロ入り。その後上京し、レッドハットオーケストラ、東京ユニオン等のビッグバンドを経、薗田憲一&デキシーキングスに入団し7年間在籍、デキシー界No.1トランペッターとして注目される。
 その後フリーランサーとなり、同時に小原重徳とニューオータニジョイフルオーケストラのリードトランペットとして迎えられ、NHK TV「ザッツミュージック」等にて活躍する。

1988年より自己のコンボ「スイングキャッツ」でも幅広い活躍をしている。1993年初のリーダーアルバム『サムシングウォーム』を、99年7月2枚目のアルバム『キャンディー』をリリースし好評を博す。

 


◆村井 祐児(むらい ゆうじ) クラリネット

1963年、札幌西高から都立駒場高校を経て東京芸大器楽科を卒業。日独交換学生として西ドイツ・デットモルトの北西ドイツ音楽アカデミーに留学。
クラリネットをヨースト・ミハエルス、室内楽をヘルムート・ヴィンシャーマンに師事。

1972年、同校にてソリスト試験を修める。日本ではヒンデミットのコンチェルトを東響定期にて初演。現在まで東京にて数多のリサイタルを開催。東京芸術大学教授、武蔵野音楽大学講師。
徳永二男と「アンサンブルを楽しむ会」主宰

 




 花岡詠二(cl)
 取込用画像
◆花岡 詠二(はなおか えいじ)クラリネット

東京都出身、日本大学芸術学部音楽学科卒。

高校を入学の頃大野恒一に手ほどきを受け、後、大橋幸夫、北爪利世に師事。

在学中より自己のコンボを率いる。

ジャズ理論他を北村英治に師事。

現在は自己のコンボ「花岡詠二スヰング・オールスターズ」をメインに、その他ビッグ・バンドまで様々なグループを編成し、多彩な芸達者振りを披露している。

よくスイングする明るい演奏で、また古典落語にも造詣が深く話術も巧み。

ライフ・ワークとして毎年初夏にヨーロッパのジャズ・フェスティヴァルに出演、6月は「メモリーズ・オブ・ベニー・グッドマン」と題した定期コンサートを開催、10月には各国のミュージシャンと全国ツアー。

日本大学芸術学部講師も兼任。


 

谷口英治(cl)
 取込用画像


◆谷口 英治(たにぐち えいじ)クラリネット

1968年北九州市生まれ。早稲田大在学中よりクラリネットの新鋭と して注目を浴び、スイングジャーナル誌人気投票クラリネット部門 では毎年北村英治に次ぐ2位にランクされる。

米国コンコー ド、豪州マンリーほか国内外の多くのジャズ祭に出演し、2005 年にはクラリネットの世界最高峰であるバディ・デフランコとエ ディ・ダニエルズとの共演を果たす。ジャズ以外にもラテン、吹奏 楽、クラシック、民俗音楽にいたるまでクラリネットミュージック の領域を広げている。

これまでに7枚のリーダーアルバムを発表 し、他アーティストのCDへの参加も多数。クラリネット奏者 としては珍しいJポップ系との共演が多いのも特色である。

そのほかまたコンサートやCDの音楽監督、音楽イベントのプロ デュース、作編曲家、ラジオ番組のDJ、洗足学園音楽大学講師、 北九州市文化大使としても活躍する。



   Eiji³  エイジキューブ+ピアノトリオ


取り込み用画像(2975KB)

北村英治 花岡詠二 谷口英治(クラリネット3名)+ピアノトリオ

ジャズクラリネットで活躍中の3人、年齢も演奏スタイルも違いますが名前は全員エイジ!!!
「エイジの3乗」と言う意味で「エイジキューブ」と言う名前のバンドを組みました。お洒落なクラリネットサウンドを心ゆくまでお楽しみ下さい。

◆北村英治(きたむら えいじ)クラリネット

1929年東京都生まれ。
慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、以来国内外でのコンサート、ディナーショウ、ラジオ・テレビ出演等、幅広い演奏活動を行っている。デキシーからモダンスィングまでをこなし、最近ではクラシック曲にも挑戦するなど前進を止めない。演奏会では木菅の暖かく深みのある音色と独特のフレーズで、聴衆の心を豊かに満たし、曲間のお喋りでも大いに楽しませてくれる。1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。

1977年度 南里文雄賞受賞
2007年 旭日小授章 受章


◆花岡 詠二(はなおか えいじ)クラリネット
1944年東京東京都生まれ。
大野恒一、大橋幸夫、北爪利世に師事、日本大学在学中より自己のコンボを率い演奏活動を始め、1975年ディキシー・キングスに参加、現在は「花岡詠二スヰング・オールスターズ」をメインに、活躍し、明るい演奏と古典落語調の話術でファンの心を引き付け、ピアノ演奏も聴かせてくれる。
1996年よりブレダJF、アイントホーフェンJF、エンクハイゼンJF(オランダ)に毎年参加すると共にヨーロッパやアメリカのフェスティバルにも出演し好評を博している。
国内では1987年6月より「メモリーズ・オブ・ベニー・グッドマン」と題した定期コンサートを毎年続け評価を得、日本 大学芸術学部講師も務めている。

◆谷口 英治(たにぐち えいじ)クラリネット
1968年福岡県北九州市生まれ。
早稲田大学在学中よりプロとしての演奏活動を開始。1993年スイングジャーナル誌に於いて「批評家投票クラリネット 新 人部門で」1位を獲得。トラディショナルからモダン、ラテン、ビッグバンド、民俗音楽、吹奏楽、クラシックにいたるま で国内外の一流プレイヤーのセッションに参加し、クラリネットミュージックの領域を広げている。
1999年5月、第3回大阪国際室内楽コンクール&フェスタで特別賞を受賞。同年8月にはコンコード・ジャズ・フェスティ バル(米国)に出演、一万数千人のジャズ通を大いに沸かせた。Jポップアーティストとの共演も多く、最近では新人アーィストのプロデューサーとしてもその手腕を発揮している。




 スコット・ハミルトン(ts)
取り込み用画像(474KB)
◆Scott・Hamilton (スコット・ハミルトン) テナーサックス

スコット ハミルトン  (Scott Hamilton) テナーサックス

1954年米国生まれ
10代後半からプロとしての活動を始める。モダンジャズ全盛期にもかかわらずオー
ソドックスなスタイルを守り通しニューヨークとロンドンを拠点に世界中の大ジャズ
祭で活躍している。コンコードジャズ イン ジャパンでも数多く来日し、日本のジャ
ズファンにもお馴染みである。
1978年、レコードアルバム「ディア フレンズ」で北村英治と初共演、以来友情
が続き、2003年に共演したCDアルバム「ヴィンテイジ」はジャズファンはもとよ
り音楽各誌でも高い評価を得ている。
  



●バンドメンバープロフィール 取り込み用 きれいな画像はこちらからどうぞ