北村英治(きたむら えいじ)クラリネット

(北村英治プロフィールダイジェスト版その1)

北村英治(きたむら えいじ)クラリネット1929年東京都生まれ。
慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、以来国内外でのコンサート、ディナーショウ、ラジオ・テレビ出演等、幅広い演奏活動を行っている。デキシーからモダンスィングまでをこなし、クラシック曲にも挑戦するなど前進を止めない。演奏会では木菅の暖かく深みのある音色と独特のフレーズで、聴衆の心を豊かに満たし、曲間のお喋りでも大いに楽しませてくれる。1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。

2007年4月 旭日小綬章受章



(北村英治プロフィールダイジェスト版その2)

1929年東京都生まれ。慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、国内外でコンサートやディナーショー、ラジオやテレビ出演など幅広い音楽活動を展開している。1957年、文化使節として来日したベニー・グッドマンとの共演で賞賛を得た。1977年、モンタレージャズフェスディバル(米国)に招かれ、好評を博した後19回出演し、アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリアなどの大きなジャズ祭に招かれた。
1981年よりクラシック界の第一人者村井祐児氏に師事し基本を学び直し、音色と表現を追求し続けている。
2014年、英国のジャズ誌『ジャズジャーナル』の表紙を飾るなど、80歳を超えた今も精力的に演奏活動を行っている。
2007年、旭日小綬章受章。


CLOSE